ポジティブシンキングがうまくいかない理由は、〇〇のストライキにある。

 

 

ポジティブシンキングがうまくいかないのは、体がネガティブ反応を起こしているから。

 

世の中では、ネガティブよりもポジティブに重点が置かれていますよね。

しかし、わたしたちの体の仕組み的には

圧倒的にポジティブ<ネガティブなんです。

 

ポジティブシンキング、つまり

頭だけでどうにかしようとしてもうまくいかないのは

心、つまり体がネガティブ反応を起こしてストライキしているからなんです。

 

ネガティブとは「生き延びる」ための大切なエネルギー

 

わたしたちは「生き延びること」が最優先です。

体は常に、自分の命を守ろうとしています。

 

だから「より良く生きる」ポジティブよりも

「命の危機を守る」ネガティブのパワーが強力なのは

生物としては当然のことなんです。

 

だから、自分がネガティブなことを考えたって

別にわざわざ否定する必要はなく

「あ、わたしって、自分の命を守る力が強めなんだな〜」

って見方に落ち着かせることもできるんです。

 

ポジティブシンキングで、余計に苦しくなってしまう人に起きていること

 

ポジティブシンキングで、過去のわたしのように苦しくなってしまう人は

シンプルに言うと、体が頭に追いついてきていないからです。

頭が「GO!」なのに、体は「STOP!」。

つまり、アクセル踏みながら、ブレーキを踏んでる状態です。

これだと、車が壊れてしまいます。

 


ご相談でよく見受けられるのが、まさにこの状態で

決まって「頭ではわかってるんですけど・・」という言葉から、相談が始まります。


体が命の危機を感じて、必死でストライキしてることに、

ご本人が気づいておらず、自分にダメ出しを続けてしまうのです。

 

自分が何から身を守ろうとしているのか?知ること

 

この問題を解決するために必要なことは、

その体のネガティブ反応が

一体どこから来たものなのか?知ることです。

 

得体の知れない恐怖だからこそ、

逃げたくなってアクセル踏んじゃうんですが

正体がわかれば、対処ができます。

 

闇雲に逃げようとしても、

体のストライキが激しくなるだけですから

ポジティブだけで無理やり、自分を動かそうとするのではなく

まずは、ネガティブと仲良くなって、一緒に恐怖を減らしていきましょう☘

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます