他人軸ってなに?他人軸の生き方が生きづらい理由。

 

 

そもそも「自分軸」「他人軸」ってなに?

 

自分軸で生きるとは「自分がどうしたいか?」

自分の心に従って判断することです。ここには主体性があり、

人生の舵は自分が握っているという感覚があります。

 

一方、他人軸で生きるとは「人からどう見られるか?」

他者目線を基準に判断することです。ここには主体性がなく、

誰かが自分の人生を操作しているような感覚があります。

 

他人軸が「ダメ」なわけではない

上の文章だけを読むと

自分軸が◯で、他人軸が✕という印象を与えてしまいますが

そうではありません。

他人軸には、良いところがたくさんあります。

 

例えば、仲間はずれにされないように

周りとバランスをとって「所属欲求」を満たすことができたり。

 

特に女性が子育てするときなんかは、

子どもが幼少期のときは特に「自己犠牲」の時期が必須となります。

女性の方が相手の気持ちを読み取る能力が高いのはこのためで、

母親のこの能力が高いかどうかにより、子どもの人生は大きく左右されてしまいます。

 

「話を聞く」「人の顔色を読み取る」能力が高い人は、

母性が非常に豊かな証拠なんです。

 

だから、他人軸の自分を「なくそう」

「0(ゼロ)にしよう」とすると、

おかしなことになりますのでご注意くださいね。

 

他人軸に偏ると、生きづらい理由

ただ、他人軸に偏ってしまうことで問題視される点は

自分以外の外側に、常に答えを求めてしまったり

評価ばかりに気を取られて

人からの評価=自分の価値

だと思い込みがちであることです。

 

これだと、環境や状況によって

コロコロ自分の価値が振り回される感覚に陥ったり、

損得勘定にとらわれることで、

自分の感覚や「自分の人生をどういきたいのか?」

という欲求がわからなくなってしまいます。

 

どちらが良い悪いではなくて、バランスをとることが大事

自分軸、他人軸は、単純にどちらが良い悪いという話ではなく、

実はどちらも大切わたしはそう考えています。

 

「自分の視点だけが大切」という考えも

「他者の視点だけが大切」という考えも

極端に偏ってバランスを崩していることこそが

「生きづらさ」だからです

 

大切なのは、状況によって「今はどっちを優先すべきか?」

自由にどちらも、選ぶことができること

 

今まで他人軸で頑張ってきた自分を「なくそう」とするのではなく、

自分軸と他人軸、どちらも好きに

行き来できる自由を手に入れることこそが「生きやすさ」です。

 

そうすると他者も自分も、どちらも大切にできる

状態に到達し、幸せが循環します。

これこそが、自己肯定感が育っている人の持っている感覚なのです☘

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます