自己肯定感を育てたいなら、ご機嫌で「いよう」としないでください・・?!

 

 

ご機嫌で「いること」を義務にしていませんか?

 

自己肯定感を育てる上で大切なのは、

常にご機嫌で「いること」ではなく、機嫌をケアすること」です。

ここの違いって、文章にすると絶妙なニュアンスで伝えづらいですが・・^ ^

 

スピリチュアルなどで、

ご機嫌で「いること」が大事だという情報を得ると

何が何でも常に「ご機嫌でいなくちゃ!」

という義務が生まれがちです。

かつてわたしも、こういった義務感を

自ら作り上げて自分の首を締めていました。

 

ご機嫌でいられない自分はダメなんだ・・で負のループに

 

ご機嫌で「いよう」とすると

辛いことがあってもそれに浸ってちゃダメ

常に笑顔でいなくちゃ」とネガティブな感情にジャッジ

ご機嫌でいられない自分は、やっぱりダメなんだ…

という自己否定ループにハマってしまいがちです。

 

そもそも、ご機嫌で「いよう」としなくて、いいんです。

だって、人間365日ご機嫌!なんて絶対無理だからです。

365日ご機嫌でいるって、全然ナチュラルじゃありません。

 

どれくらいナチュラルじゃないかというと

空の天気を、ずっと無理やり「晴れ」にしてるようなものです。

生態系のバランス壊れますよね。

仙人になりたいのであれば、止めませんが。。

 

自己肯定感を育みたいなら、ネガティブ感情の扱い方を知ること

 

「晴れの自分でいること」ではなく

「雨の日の自分をちゃんとケアしてあげること」。

自己肯定感を育みたいなら、こっちです。

 

雨の日の自分を追い出すのではなくて

雨宿りさせてあげる〜とか、雨が上がるまで安静にさせてあげる〜とか

自分のケアの仕方」を知った方が、

自己肯定感は圧倒的に育っていきます。

 

だってそもそも、自己肯定感とは

どんな天気の自分も受け入れること

で築かれるものだから。

頑張る方向性を間違えて、余計に苦しくなってるかも・・

と思ったら一度体験セッションに起こしください☘

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます