誰かと比べて「つらいかどうか」を、決めていませんか?

 

つらいかどうかは、あなたが決めること。

 

わたしが 

カウンセリング、セラピーを
一番利用したほうがいいなと思う人は  

 

あの人と比べたら自分は
きっとそこまでつらくない…

と、自分の気持ちにフタをして
我慢してしまう人です。

 

✅わたしの悩みなんて、ちっぽけだし

✅周りからしたら大したことない悩みだし

他にももっと、たくさん不幸な人いるし

 

そう言って、自分よりも 

つらそうに見える人を優先し
自分を後回しにしてませんか?

 

本当は
自分が救われたいのに

わたしよりも

あの人どうぞと
言っていませんか?

 

本当はつらいのに、
つらくない・・ 

本当は大丈夫じゃないのに、
大丈夫・・

 

そう言って 

自分の感情に嘘をつき
バツをつけてしまう

ことこそが

実は、あなたの一番の
苦しみのもとなのです。

 

 

わたしも、そうでした。  

 

 

弱音を吐いてはいけない 
と、我慢していた頃 

集団カウンセリングを
受けたときに 

 

あなたより 

わたしの生い立ちのほうが
絶対
つらい!!  

 

と、突然「不幸マウント」を
取られたことがありまして。

 

そんなこと競っても
しょうがないのに・・!!と 

自分のつらさを
否定された気がして

すごく悲しくなりました(:_;)

 

 

自分の方がつらいんだぞ!!
と競い合うのは、

夫婦関係のご相談でも
よく出てくる会話です。

 

が、冷静に考えてみると

どっちがつらいか?なんて
実際わかりっこない

と思いません? 

 

だって、お互い
相手の立場をそっくりそのまま
経験することなんてできないし。

育ってきた環境も、違うし。
性別が違うなら、なおさらだし。 

 

 

そうやって、競う目的は  

相手をただ
「負かしたい」だけ
 

自分が優位に、勝った気に
なりたいだけで。

 

だから・・ 

本来は
比べるんじゃなくて 

 

あなたも、わたしも 
つらいね〜。
つらかったね〜。

で、いい。 

 

 

だって、

つらいかどうか?は

本来あなた自身が
決めること
だから。  

 

それは、あなただけにしか
わからない
感覚だから。

 

 

それはつらくない!なんて、 

あなたの感覚を 
否定してくるその人の 

頭がちょっと
どうかしてるんだよ〜^ ^

 

だから、

たとえ人に
何か言われたとしても

その感覚を「ないもの」に
しないでくださいね。

 

自分の感覚を否定し続けると  
自分がわからなくなってしまいます。

 

 

カウンセリング、セラピーでは 

まず「つらい」って
言ってもらうことから 

練習して、 

自分の感覚を
取り戻していきますよ。 

 

自分の感覚を受け入れると
ホッと、安心します。 

 

あなたももう、これ以上 

「つらくない」「大丈夫」って
自分に嘘つくの、やめません?

それが、つらいんだから^ ^

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます