カウンセリングがはじめての方へ

カウンセリング・心理セラピーとは?


カウンセリングは「
何が起きても大丈夫」と思える、心のバランスを取り戻す作業


「心が健康」とは、どういう状態でしょうか?

当セラピールームでは「バランスが取れていること」だと考えています。生きづらさを抱えている人は、極端に思考・行動が偏りすぎてしまって、心のバランスがとれなくなっています

わたしのカウンセリングは、イメージワークや潜在意識にアプローチする様々な質問などを用いて、心理療法(セラピー)を積極的に取り入れています。言葉にできないモヤモヤの言語化をお手伝いし、極端な偏りを修正し、「自分は何を感じているのか?」「本当はどうしたいのか?」といった自発性・自分軸を取り戻していきます

そうすることにより、一緒に練習することで、自分で心のバランスが取れるようになり(セルフケア)、それが、ゆるぎない安心感・自信につながっていきます。

他のサービスとどう違うの?

世の中には、カウンセリング以外にも「人生をより良くしようとするサービス」が、他にもたくさんあるかと思います。例えば、占いやスピリチュアル、お祓いなどです。

これらとカウンセリングを一緒くたにされている方も多いと思います。しかし、これらは「目指す方向性」が全く違っています。

多くのサービスは「悪いことを避ける(運気を上げる)」ために受けるものだと思われます。これらは、見方を変えれば「自分以外の誰かが自分の運命を握っている(=人生の舵を握る権限が自分にはない)」と思い込んでいるようなもの。

これでは、他力本願な生き方、人に依存する生き方(他人軸)を強化する可能性があります。

 

当セラピールームが、クライアントさんと目指すのは、自分が自分の人生の舵取りをする感覚を得て「物事の良い悪いに囚われず(囚われてしまう苦しみから脱して)何があっても楽しめる状態」です。

そもそも人生には、アクシデントが必要であり(=なくすことはできない)良い悪いに囚われてしまうこと自体が生きづらさであるため、心の状態を変えないことには、生きづらさは変わらないと考えるからです。

生きづらさは、なぜ病院で治らないの?


カウンセリングを利用したいと思う方の中には、「メンタルが弱いやつ」と思われそうで、怖いと思う方もいらっしゃると思います。でも、勘違いしてほしくないのは、カウンセリングは「病んでる人が使うもの」ではないということです。

HSPを始めとする「生きづらさ」は、そもそも病気ではありません。なので、病院へ行っても、適応障害や精神病と無理やり診断されるか、対症療法のみ(薬は症状を抑えるものであって、病気を治すものではありません)で、病院で「根本解決」することは、なかなか難しいと思います。 


あなたは、病院の診察にかかる1人あたりの診察時間の短さをご存知でしょうか?  

メンタルクリニックにかかったことがある方は、もうご存知かもしれませんが(わたしは元医療従事者です)、日本の多くのお医者さんの仕事は「病名をつけ、薬を出すこと」であり、そもそも症状の完治を目標としてはいません。患者さんひとりひとりに時間を割いていては採算がとれず、病院が潰れてしまうからです。

たった数分の診察時間で、一体どれだけの方の長年の生きづらさが、根本的に解決するでしょうか。

カウンセリング・心理セラピーが必要な人とは?


カウンセリングをどんなときに利用するべきなのか?自分は、利用するべきなのか?わからないという方もいると思います。わたしとしては、カウンセリングは現状を変えたいと思っている人全員が利用するものだと考えています。  

しかし、生きづらさを抱えている人ほど我慢強く、ストレスに無自覚で、心と身体が極限になるまで誰にも相談せず、状態をさらに悪化させてしまう、悪循環に身を置きがちです。 

 

そこで今回は、カウンセリングを早く利用すべき緊急性の高い人の目安として、チェックリストを用意しました。  


①睡眠に障害が出ている

 ・なかなか寝つけない
 ・眠りが浅い、途中で目覚める
 ・悪い夢をよく見る
 ・寝ても疲れが取れない
 ・起きてもスッキリ感がない    

 

感情、思考が暴走している

 ・何日も同じことを考えている
 ・悪い未来を想像し、心配する
 ・気分の浮き沈みが激しい
 ・わけもなく、涙が出てくる
 ・自分が悪いのではと、責める  

 

③無気力、閉じこもりがち

 ・やる気が出ない
 ・人に会いたくない
 ・失敗するのがこわい
 ・人前に出るのがこわい 
 ・言葉がうまく出てこない   


いかがでしたでしょうか? 

1つでも当てはまったら、黄色信号複数当てはまったら、赤信号 です。


これ以外にも、心からのSOSは普段からたくさん出ています。これらはあくまで目安なので「いつもと何か違って様子がおかしい」「もう無理だ」「心身のバランスを崩している」と感じたときには、ぜひ早めにご相談くださいね。