はじめてカウンセリングを受ける方へ

そもそもカウンセリングってなに?


「もっと説教されると思ってました」

これは、わたしのカウンセリングを受けられた方の印象的な言葉です。カウンセリングというと、いろんなジャンルのものがはびこってますから、言葉だけ聞いてもよくわからないですよね。

カウンセリングとは、お話をしながら、あなたのこんがらがった状況(主に気持ち)を一緒に整理し、バランスを取り戻していく作業です。だから、うまく話せなくても大丈夫。あなたの心を声を、わたしが代わりに「言葉で」拾い上げて、ひとつひとつ確認していきます。決して説教するわけでも、透視するわけでもありません。

気持ちを解放し、整理していくことで、自分が陥りやすいパターンに客観的に気づけるようになったり、生きづらさが加速する方向に進むことがなくなったりして、ココロのバランスがうまくとれるようになっていきます。

 

生きづらさは、なぜ病院で治らないの?

また、中には、カウンセリングを利用したいけど「メンタルが弱いやつ」と思われそうで、怖いと思う方もいらっしゃると思います。

でも、勘違いしてほしくないのは、カウンセリングは「病んでる人が使うもの」ではないということです。HSPも、アダルトチルドレンも、そもそも病気ではありません。なので、病院へ行っても、適応障害や発達障害、精神病と診断されるか、対症療法のみ(薬は症状を抑えるものであって、病気を治すものではありません)で、なかなか現状「根本解決」は難しいと思います。 

あなたは、病院の診察にかかる1人あたりの診察時間の短さをご存知でしょうか?  

メンタルクリニックにかかったことがある方はもうご存知かもしれませんが(わたしは元医療従事者でもあります)、日本の多くのお医者さんの仕事は「病名をつけ、薬を出すこと」であり、そもそも症状の完治を目的としてはいません。患者さんひとりひとりに時間を割いていては、病院自体が潰れてしまうからです。たった数分の診察時間で、果たしてあなたの生きづらさが根本的に解決すると思えるでしょうか?  

 

占いとの違いは、なに?

 

占いと、カウンセリング・セラピーは、そもそも目的が違います。多くの占いは、使命や運命を「忠告すること」だと思います。占いを娯楽として楽しめている場合は別ですが、占い師に自分の人生の舵を明け渡し「決めてもらっている」状態あれば、それは依存です。これでは他力本願の人生となり、いつまでも自分に自信が持てない状態(他人軸)で、常に人に正解を求め続けることになります。

例えばですが、「あなたの使命はパン屋さんです」って言われたとして、あなたがもしパン屋を「本当はやりたくない・・」と感じるのなら、やらない方が本当の意味で幸せな人生だと思いませんか?ここで自分の気持ちを抑えて「その方が世の中のため」と我慢する、そのパターンこそが、今のあなたが抱える生きづらさそのもの。

わたし青村咲がクライアントさんにいちばん大事にしてもらっているのは、あなた自身があなたの心の声を聞けるようになることですこれが解決できると思えるサービスを、ぜひあなたには選んでほしいと思います。