人目が怖い、人の目線が気になって仕方ないのは・・

 

人に怯えてビクビク・・動けなくなっていませんか?

 

あなたは、人目が気になりますか?

わたしは、物心ついた頃から、ずっと人目が気になっていました。気になりすぎて、うまくしゃべれなかったり、人前で食べ物が食べられなかったり、あがり症で何度か倒れたり、ひとりでコンビニに行くのもしんどかったほどです。

 

実質、わたしは7年ほど、人目をさけて「ひきこもり」状態で暮らしていました。散歩をしようと思っても、知り合いにあったらどうしようとか、通り過ぎる人に歩き方が変だと思われていないか不安になって、冷や汗が出て。結局、緊張しすぎて、手と足が同時に出てしまったり。笑

 

人目が気になるのは「HSPだから、しょうがない」で、済まされがちですが、実はそうではありません。

人目が気になる、怖くなったことには、ちゃんと人それぞれに、理由があります。

よければ、あなたが「人目が気になり始めたころ」を思い出してみてください。誰かが、あなたのことを厳しく評価していなかったでしょうか?

マルをもらいたかったのに、もらえなかったこと。バツをつけられてしまったこと。そんな経験を経て、あなたは、自分の存在を否定されているような感覚に陥ったかもしれません。

人目が気になるときは、自分の評価が気になるとき。

相手が自分に、どんな評価を下しているのか?が、気になるときです。

 

ぐるぐる思考に陥るときも、人の顔色を伺ってしまうときも。それは、過去のトラウマがフラッシュバックしている可能性が高いです。

これは、後天的なものなので「変えられる部分」です。だから、安心してください。

まずは、あなたがそれをちゃんと理解してあげること。自分をちゃんと理解すると、道が一気に開けますよ(^^)

 


>>お問合せはこちら