本を読んでも、根本的に変われないのはなぜ?

本を読んでも、根本的に変われない理由とは?


本を読んでも、講座を受けても・・

 

その時は「よし!!」って思えるんだけどその後、結局リバウンドして、悩みはそのまま。

あなたにもそんな経験、ありませんか??

 

確かに知識を広げるだけも、いろんな気づきは得られますが、それは

「頭で理解した状態=意識(顕在意識)レベル」

で止まっている状態になります。

 

なぜ世の中に、こんなにたくさんの本や講座があるのに、

相変わらずカウンセリングやセラピー・心理療法が必要とされ続けているか?

 

実際に、わたしが経験した視点を踏まえてお話します。

 ①潜在意識(無意識)レベルの問題は、ひとりで解決できない


わたしたちの人生を左右するのは
潜在意識」です。

潜在意識には、自分でなかなかアプローチすることができません。

 

自分の背中は自分じゃ見れないように

「無意識にしてしまうココロの癖」に自分で気づくことは、なかなか困難です

その癖は、その人にとっては「当たり前」になっているからです。

 

例えば、人から見たら明らかに

「人を遠ざけてしまうような行動」を繰り返している人がいたとしても

当の本人は、全くそれについて無自覚で

「なんでいつもわたしの周りには人がいないんだろう?」と悩んでいたりします。

 

このように、わたしたちは

自分のことを一番理解しているようで、一番理解できていないために、

自分を見失い、人生を迷路のように彷徨ってしまうのです。

 

 

そして、生きづらさを根本的に解決する上で、絶対見過ごせないことは

「人は、必ず悩むことに「メリットを持っている」ということです。

 

メリットとは・・

例えば「自信がない」という悩みを持っていれば

 

→「挑戦しなくていい」言い訳にできる

→挑戦しなければ「失敗することもない」

→失敗しなければ「傷つかずに済む」といった具合です。

 

だから、いくら口で「変わりたい」と言っていても・・

頭では「こっちの方がいいに決まってる」とわかっていても・・

体は「変わりたくない」という反応を起こして、それを選択しない状態が生まれます。

 

このように、生きづらさの根っこには、必ず

顕在意識(意識)VS 潜在意識(無意識)の「葛藤が存在します。

 

この「メリット」を手放すことは、命に関わるほどの「恐怖」です。

感じないようにしている恐怖に、自分でメスを入れることは、なかなかできません。

だから、例え本に「あなたの生きづらさを解決する答え」が載っていたとしても

自分に都合の悪いことは、潜在意識が勝手に排除している可能性が高いのです。

 

これらは、あなたのせいではなく、潜在意識の「現状維持」しようとする特徴によるものなのです。

 

わたしのセッションでは、こういった「葛藤」「メリット」についてひとりひとり丁寧に紐解き

リバウンドを起こしづらくしていきます。

 

②人間関係で生まれた傷は、人間関係の中でしか癒やせない

 

そしてもう1つ。

知識で解決できないことは、愛情や絆の「体感覚」レベルの問題です。

生きづらさを抱える人は、人間関係の中で、心に傷を負っています。

 

自分の中にある孤独感、つまり愛情不足の問題や、人がこわい、人を信じられないといった

絆の問題に必要なのは「人と再び繋がる力」です。

 

セラピスト、カウンセラーなどの安全の場を共有し、心の安心基地を築くことによって初めて

凍りついた気持ちを吐き出すことができ(アウトプット)、癒やしが進みます。

 

安心安全とは、どういうことか?

生身の人間と通して「あたたかさ」を感じなければ、愛情や絆が理解できません。

 

これらの理由から、基本的に生きづらさは、なかなか

自分ひとりでは解決できない問題なのです。

 

もう何年も同じ悩みを抱えて、悪循環のパターンを繰り返しているのであれば

早いうちに専門家の力を借りてください。


お金はいくらでも取り戻せても、時間は取り戻せないからです。

人生は有限だということを、忘れないでくださいね。