HSPだと知って、余計に生きづらくなっていませんか?

 

 

自分がHSPだと知って、楽になるどころか

余計に苦しくなってしまった。。

あなたも、そんなお悩みを抱えてはいませんか?

 

もしそうだとしたら・・

HSPの性質に「振り回される」のではなく

HSPの性質を使いこなすことで解決します。

 

そもそも「HSP」って、なんですか?

 

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソンの略。

簡潔に言うと「人よりも繊細で敏感な性質を持つ人」という意味合いです。

アメリカの心理学者、エイレン・N・アーロン博士が1996年に提唱しました。

 

オリラジのあっちゃんがYouTubeで関連本を紹介してから

爆発的に「繊細さん」というワードが世に知れ渡りましたね。

 

HSPは、病気ではなく、生まれ持っての性質

セルフチェックでの判断となります。

(気になる方はアーロン博士の日本語版サイトをご参照くださいね)

 

だから、病院に行かないでくださいね。ポカーンとされて終わりです。

 

繊細さんは、他の人とは違う脳のシステムを持っています

 

HSPは、5分の1の確率で動物界にも存在すると言われています。

今まで散々「敏感すぎる」「気にしすぎだ」と周りから言われ

「性格のせい」「自分が弱いからだ」と捉えるしかなく

とても肩身の狭い思いをしてきました。

 

でも、そもそも脳の仕組みからして違うんだから

「周りと違う」という理由で

自分を責める必要はないんです。

 

HSPだと知ることにより「自分は弱者だ」オーラを強めてしまう人

 

しかし、自分はHSPかもしれない!と知ったことにより

なおさら「自分は弱者だ」オーラを強めてしまう人

意欲をなくしてしまう人が多いのは

 

冒頭にもお話したとおり

その性質に「振り回されている」と

感じているからです。

 

つまり、HSPの「マイナス面」にばかり

目が向いてしまっているということですね。

 

HSPの性質に「振り回される」より、「使いこなす」


「ものは使いよう」
という言葉があるように

HSPの性質は「うまく使いこなす」ことができれば

ものすごい武器になります。

 

例えばHSPさんがよく持つ悩み

「考えすぎてしまう」について。

 

これは、考えること自体が悪いんじゃありません

考える「内容」が問題!!なんです。

 

「考えること」は、本来とってもいいこと。

なぜならそれは、好きなことややりたいことへの

追求心となって、人生の飛躍に繋がるからです。

 

実際、わたしの「心理セラピスト」というお仕事も

このHSPの気質がなかったら、全然できないと思います。

 

発信する内容やセッションを掘り下げるにあたって

「考え尽くす」ために寝るのを忘れることだってあります。

でもそれが「楽しい」んです。

 

「性質」なんだったらもう

しょうがないか〜!って諦めて(=明らかにして)

この性質と仲良くなって、うまく使いこなそう

に切り替える。

 

それが早い人ほど

「自分を責める必要はなかったんだ」

で、楽になって落ち着いていくんです。

 

あなたは、自分の性質と戦っていませんか?

「戦っているから、苦しい」んじゃ、ありませんか??

 

わたしのセッションでは

こういった「内的葛藤」と向き合い

「じぶんと仲直り」を徹底的にやってきます☘

 

ココロをすっぴんに生きたかったら

まずは、体験セッションをご利用くださいね〜⬇

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます