HSPだとしても、人見知りの性格は変えることができますよ。

 

HSPだからといって、一生人見知りなわけじゃない。人見知りを克服しない人生は、もったいなさすぎると思うのです。

 

✅初対面の人との会話が苦痛

✅すぐ人見知りを発動してしまう

✅社交的な集まりがつらい

 

などなど・・あなたも、自分は人見知りだな〜と思う場面がありますか?

わたしもかつては、もうそれは激しく人見知りだったんです。

小学生までは、どもりもあったので、人とまともに目を合わせることすらできなかったくらい!だし

 

世の中で一番!自己紹介というものが、も〜それはそれは、死ぬほど嫌いでした。

自分に自信がないと、自己紹介は地獄ですよね。。だって自分のことを良いと思えていないのに、人にアピールするなんて、できっこないですもん。)

 

でも、心理セラピーを受けたり、自分で克服することを意識しチャレンジを続けていたら

自分が人見知りだってことを、いつの間にか忘れられていたんですよね〜。

はじめましての人がいる集まりに出ると、いつもモジモジ気まずそうに下を向いてばかりで

誰にも話しかけられずに貝になっていた、このわたしが!ですよ。

 

今となっては、活発的に交流するわたしを見た人から

「よくこんな知らない人たちの中で堂々と発言できますね!わたしなんかいい歳して実は人見知りで〜・・」

なんて、ひっそり打ち明けられることも増えてきました。その気持ち、よくわかります。

 

人見知りを克服した今思うと、人見知りが発動していたときというのは

本当の自分がバレてはいけない・・!と必死になっているときや人にズカズカ踏み込まれたくないとき、

とにかく「傷つきたくないから」「恥をかきたくないから」「トラブルに巻き込まれたくないから」

という一心で、過剰に自己防衛をして、ただ自分が人と距離をとりすぎていただけでした。

 

どう思われるか?自意識過剰になって自分の見られ方ばっかり気にしすぎていたり、

相手とトラブルになることを恐れている臆病な状態ですね。


なので、ここで言いたいのは「HSP(内向型)だから」って

一生人見知りってわけじゃなくて

 

この「戦闘モード」のココロの癖をもっているから、

無意識に人と距離をとってしまうんですよってことです。

 

人見知りを克服すると、どんな人ともラフに自然体で話せるので、対人ストレスが減り圧倒的に楽です^ ^

そのためには、HSP(内向型)を盾に生きるのではなく、このパターン自体にアプローチしていく必要があります。

その過程では、トラウマのケアだったり、セルフイメージの回復だったり・・

実際に「パターンを壊すための行動」を実践していくことが必要になってきます。

 

今はそれを変えることがとても大変に思えるかもしれませんが、

その先に広がる世界を知ったら・・全然大変には感じません。

 

あれは一体何だったんだろう?!と思えるくらい

「人見知り」という概念に縛られていた自分がちっぽけに感じるくらい

視野が広がり、会話を楽しむココロのゆとりが生まれます。

 

戦闘モードのココロの癖を持ち続けると・・

セキュリティがききすぎるせいで、カンチガイを招いたり、どんどん人を遠ざけて生きることになり

ひとりぼっちの感覚、孤独感に悩むことになりかねません。

わたしも、結構長いこと対人恐怖で、地味に引きこもりやってましたからね〜・・。

 

ぜひそうなってしまう前に、

ココロの癖が悪化する前に(苦しんでいる真っ只中の人も大歓迎です)

一度ご相談くださいね。自分を緩めて生きましょう🍀


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます