「いい人」をやればやるほど、孤独で生きづらいワケ。

 


いい人の仮面は、人を遠ざける?

 

わたしは、かれこれ「いい人」を30年くらい頑張ってやってきました。

今も完全になくなったわけではない、自分の一部なので、時々ひょこっと顔を出します。

 

が、当時のまるで仮面を被っているような、厚化粧をしているような・・

常につま先立ちして歩いているような浮遊感は、ほとんどなくなりました。

 

当時のわたしは「いい人でないと愛されない!」と、頑なに信じ込んでいたと思います。

 

でもね、誰にでも「お客さま扱い」で過剰に気を使い、本音を押し殺し、

本当の自分ではない「いい人」の仮面をかぶり続けていると・・逆に人を遠ざけてしまうんです。

あなたも、そんな状況に陥ってませんか?

本音で生きる人は、信頼される


芸能人の人気者をちょっと、想像してみてほしいんです。

 

テレビにいつも引っ張りダコの人って、

結構「言いたい放題」「やりたい放題」やってるイメージありませんか?

 

実は、人って案外「いい人かどうか?」よりも

「本音で喋ってるか?」で、信頼できるかどうかを見てる。

 

マツコ・デラックスさんなんか、まさにそうですよね。

商品レビューやCMが殺到するのは、そのためなんじゃないかなって思います。

 

要は、腹を割って話す関係でないと、人って安心できないんです


「この人は嘘がないな〜」って人といると、あなたもそれだけで落ち着くはず。

自分も、黒い部分を出しても大丈夫だな〜♪って思えるから、信頼関係が構築しやすいんです。

 

生きづらい=本当の自分で生きていない状態


で、「生きづらい」というのは、簡単に言ってしまえば

「本当の自分で生きていない」「自分に嘘をついて生きている」という状態のこと。

 

「すっぴんの自分」を見られてはいけない・・と、、

厚化粧が崩れないよう、ヒヤヒヤしながら人と接している状態です。疲れますよね。

 

だから、愛されたい!と嘆きながらも、心理的には

「これ以上は近づかないでね」と人を無意識に遠ざけ、距離を置いてしまう。

 

気づいたら周りに人がいなくて・・

あれ?なんでこんなに好かれようとしてるのに誰にも好かれないの?誰も評価してくれないの?

なんていう自滅パターンに、ハマってしまいます。

 

本当言うと、そんな自分って、周りの人から見たら実はバレバレなんです。笑

でも本人はそれだけ、自分の中にある「黒い部分」を、人に見られるのが怖い。

 

見られてしまったら、おしまい・・!と思うほど「本当の自分」を見られるのが、

死ぬほど怖いんだな、ということを理解する必要があります。

 

自分に正直に生きると、人間関係が楽になる


だからまずは、
自分自身がそのギャップをきちんと受け入れてあげること。

自分の黒い部分と、仲直りしていくイメージです。

 

自分との関係が良くなると、人との関係も自然と良くなるんです。

人との関係を先に頑張ろうとしちゃうんですけどね、わたしたち。順番が逆!

 

自分に嘘をつかず正直に生きると、嘘の関係を築く必要がなくなります。

嘘つかないって、めちゃくちゃ楽なんです。

 

すると、頑張らなくても「そのままのあなたが良い!すっぴんのあなたがいい!」

って言ってくれる人が、勝手に向こうからやって来てくれたりしますから。

 

あなたの今の「頑張り」や「疲れ」は、どんな感じですか?

生きづらさを感じたら、人生を見つめ直すチャンス。

ぜひ一度、自分の状態を確かめに、体験セッションへお越しくださいね🍀


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます