本音・怒りに気づくまでに、タイムラグがあるのはどうして?

 

あれ?あのとき馬鹿にされてたのかな?怒っても良かったのかな?って、だいぶあとに気づく・・なぜその場で、すぐ言えないんだろう。


本音を我慢して飲み込む「ココロの癖」を持つ人は

自分が怒っていることに、タイムラグがありますよね。

これってどうしてですか?という質問をもらったので、答えてみようと思います。

 

わたしもかつて、その場は笑顔で過ごしていたものの

本当は、その言葉にめちゃめちゃ傷ついて悲しかったり・・

本当は、その言葉にめちゃめちゃ腹が立って許せなかったり・・

後になって気づく、みたいなことがしょっちゅうでした。

 

実は、最近もかなり久しぶりにそんな事が起きて

「ああ!なんであのときに言えなかったんだろう?!」と

久々に後悔してたんですよね。沈んでました。

 

でも今は、そのタイムラグがあったとしても、数分後とかにくるので

だいぶ「今自分は何に納得いってないのか?」を拾えるようになったから、楽になったんです。

落ち込んでも、すぐ戻れるようになりました。

 

昔は、タイムラグっていうと本当に・・3日後とか!

どんだけ遅いねん!ってほど、遅かったんですけど笑

 

怒っていいタイミングなのに、怒れないというご相談は、

怒りを抑圧している人によくあることです。

 

タイムラグが生まれてしまうのは、冒頭に言ったように

自分が飲み込む「ココロの癖」を持っているからなんですが

 

その癖が、実はトラウマ反応を引き起こしているんですね。

フリーズといって、固まる状況を無意識に作り出しているんです。

 

なんでそんなことをするか?というと、すべては「自分を守るため」。

本音を言わないほうが、安全だと思っているからです。

 

ここには

→相手から嫌われるのが怖い・・

→相手から怒られるのが怖い・・

という恐怖がのっかっていて、これがあるからこそ

相手のなすがままに従ってしまう、踏み込まれ放題にさせてしまうことに繋がります。

 

この「その場の平和を保つためには、自分の感覚を鈍らせたほうが安全」

「相手を刺激しないほうが安全」というのは

確かに、事件に巻き込まれた時などの「緊急事態」には有効です。

突然包丁を向けられて、人質にされたら・・そうなって当然ですよね。

 

でも問題は、危険でもない状況で、日常的にこれをやってしまっていること。

こうなると、自分がよくわからなくなります。

 

正常な感覚、感情を失ってしまって

そもそもは、危険から身を護るためのものだったのに

じわじわとそれが自分の心の健康を損なっていき、心の病にかかってしまうなど

結局自分を守れなくなってしまうんです。

 

ここから抜け出すには、まず

「ああ、わたしって怖いんだなぁ」

と自覚すること。

 

そして、以下の3つに許可が出せているか、自分に聞いてみてください。

①相手が何か、わたしに意見するのは自由

②だけど、それを受け入れるか、受け入れないか?はわたしの自由

③そして、それによって相手が怒っても嫌っても、どういう反応を見せても、それは相手の自由

これらが、本来は全部自由なんだと知ることです。

 

言いたいことが言えていない人は、①には許可が出てるんだけど

②と③に許可が出ていないので、ここを強化する必要があります。

 

そして、もはや①の時点で許せていない、という人は

逆に怒りが爆発したり、相手をコントロールしようとしてしまうんですね〜。

 

怒りを出せないことも、むやみやたらに怒りを爆発させてしまうことも、

これは、どちらも境界線の問題です。

(境界線とは、自分と自分以外の人を区別する心理的な隔たりのこと)

 

ああ、自分も境界線の問題を抱えているなぁ・・と思ったら

あなたの境界線が曖昧になったきっかけ、原因にアプローチしていくことをお勧めしますよ。

境界線の問題には、トラウマケアが有効です。

 

自分をどんどん緩めて、自分も相手も自由にしてあげましょう🍀

必要なときは、ぜひお手伝いさせてくださいね^ ^


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます