生き急ぐことに疲れたら、自分を急かすのをやめてみる。

 

 

私は、昔から何でも「やることが遅い」と言われてきました。

給食も昼休みまで残っているような子だったし。36になるけど、結婚もまだこれから。


でも、私にとっては、このペースが丁度いい。今すごく、幸せなんです。

みんなに合わせて、慌てて、心に余裕がないまま、「早くしないと子ども産めないよ」という脅し文句に流されてたら

今頃えらい目にあってたなと、本当に思います。自分のことでいっぱいいっぱいだったあの頃、結婚しなくて本当によかったと思っています。


実際、全然私自身は「遅い」だなんて、みじんも感じてなくて。みんなが、早すぎるように思えるのです。


昔は、みんなに合わせられない自分は「劣ってる」だなんて否定して、いつも急いでいました。けど、もう自分を急かすのは、バカバカしくなってやめました。生き急ぐのに、疲れたから。


仮に、それで何か起きたとしても、

誰も責任取ってくれるわけじゃない。自分の人生、自分で責任取るしかない。

だったら・・、もっと、ゆっくりじっくり。


早く辿り着くことが、幸せ?早く辿り着けることが、正解?ううん、そうじゃない。

「幸せは、マイペースによって守られ、育てられていく」

今だからこそ、それが、よく身にしみてわかります。


生き急ぐ事に疲れたら。人に合わすのをやめて、
道中楽しめる、「自分にとって心地いいペース」を探していきましょう。

そしたら、正規ルートじゃない「裏道」がたくさん見つかりますよ(^^)

 


>>お問合せはこちら