いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

 

朝、プチびっくりしたことがありました。 

父の七回忌を迎えるまで、
なんやかんやと亡くなった父の悪口

ポロポロネチネチと、
コツコツぼやき続けてきた母。 

 

そんな母が、突然
「今日ね、朝(亡くなった)お父さんと話した」
って言ったんです。

「どんなこと話したの?」って聞いたら 

 

わたしは、やっぱりあなたのことが好きだったって伝えた
って、教えてくれました。 

なんか、それ聞いて
ものすごい幸せな気持ちになったんです。

 

だって、両親2人の気持ちが通うことが 
わたしの長年の願望の一つでもあったから。

もう亡くなってんのに・・
いつまで愚痴言うねん!と  

イライラすることも正直、
何度もあったけど 

 

母も、わたしと同じく  

自分の心に起きてることを
ゆっくり理解していくことで

自分の我慢してた気持ちを、
やっと出し終えたんだと思います。 

 

「お父さんも、大変だったんだよね。」
「わたしがお父さんだったら、同じことになると思う」 

と、心の勉強をし始めた頃のわたしと
同じようなセリフを吐いて 

心から、納得していました。 

 

そんな母は、最近もう 
本当に、変化がすごい。


言いたいことが言えるようになったり

交渉できるようになったり 

友達を選んで付き合うことができたり
拍手がとまらない。目まぐるしいです。

 

母が2回目のうつ病から
復活したのはもう

何年も前のことですが

 

わたしが心理セラピストに
なってからと言うものの、

マネージャーのように
わたしのブログや動画を真剣に見てくれて

たくさん気づき、たくさん行動し、
ますます活き活き人生楽しんでいます。 

とても、60代には見えません。

 

お父さん、今のわたしたち見て
空の上からびっくりしてるんだろうな〜。

いや、お父さんは計算づくだったかな。
なんてことを考えながら 

 

母は、わたしの
一番最初のクライアントさんであり、

わたしは、両親2人の
キューピット役だな〜と 

つくづく感じていました。 

 

 

話は変わりますが 

高校生のとき、
授業中に社会の先生が真顔で

「人は変われない」
って断言してたこと、

今でも鮮明に覚えています。 

 

でも、わたしはあの時
他人軸真っ只中ながらも

「あれは絶対違うもん」って、気づいてた。 

それって、今ではすごいよな〜って
誇らしく思います。 

 

人は、いくつからでも「変われ」ます。
いつからだって、素直になれます。  

 

わたしが変わったことで、
母が変わり、 

母が変わったことで、今
今度はもうすぐ90歳になるおばあちゃんまで 

変わってきましたから。  

 

おばあちゃん→母→わたしへ続いた
負の世代間連鎖を
断ち切ることはできる 

なんなら、わたしのように

わたし→母→おばあちゃんへ
「ドミノ返し」できる

可能性だってあります。 

 

他人を無理やり
変えることはできないけども

あなたが変わることで、
刺激される人はたくさんいるんですよ。 

あなたがわたしに刺激されたように^ ^  

 

だから、希望を持ってほしいです。

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます