自分らしさを取り戻す中で、一番大切なことはなんですか?

>>プロフィールはこちら


自分らしさとは、自分に嘘をつかないこと。

 

自分らしさを取り戻す中で、
一番大切なことはなんですか? 

という質問をいただいたので
答えていきます。

 

わたし自身が実際に 

カウンセリング、セラピーを
受ける立場で大切にしていたのは 

自分と向き合い
自分から、逃げないこと 

かなぁと思います。 

 

向き合うとか、逃げないって
実際、どういうこと? 

って、言葉で聞くと
よくわからないと思うんですけど 

要は、

自分の気持ちに嘘をつかない
(ごまかさない)

ってことです。

 

カウンセリングをしていくと 

自分が無意識に避けていた
感じたくないものに 

嫌でも、たくさん
出くわすことになります。 

 

例えば、 

あの負けたときの惨めな思いや、
バカにされた時の悔しい思い。 

許せない憎しみ、怒り。

みんなの前で
恥ずかしい思いをしたことや

誰にも助けてもらえなかった
寂しい思い 

などなど、です。 

 

 

これらの感覚が、自分の中に
あるということを認めないと

ココロの傷口から
「出すべき膿」が、出ない。  

 

怪我をしたときのように
「癒やすこと(処置)」を放置すると、 

余計に傷口が悪化・・!!
みたいなことが起きるんですね。

 

 

逆に、いつまでも逃げ回って 

向き合わない状態って
どういうことかというと   

 

ココロにトゲがずっと刺さってるのに 

「刺さってなんかない!」
「わたしは、痛くない!!」って  

言ってるのと同じ。

(ココロのことは目に見えないから
余計にややこしいね(´-`).。oO)  

 

要は「強がってる」
ってことです。
 
 

 

こういう抵抗が起きるのは 

自分の「プライド(見栄)」を
守るためなんだけど 

でもこれが、あなたの感覚を
逆に、鈍らせてしまうことにも 

なりかねません。というか、なります。 

 

時々、個別相談に来た方でも 

抵抗がMAXになっちゃってる人は 
信頼関係を築くことが難しいので 

お断りすることがあります。 

(100人に1人くらいですけど・・)  

 

わたしが現に、今まで
いろんなことをして遠回りした理由も 

この「抵抗していた」期間が長いから。 

 

つまり、プライド(見栄)が
邪魔をしていたからです。 

 

「わたしは、傷ついてなんかいない」
「わたしは、全然大丈夫!!٩(๑`^´๑)۶=3」 

って、ずっと意地を張って、 

一匹狼の顔をして 
助けを求めなかったから。

 

今思うと、そうやってひとりで
孤独に苦しんでる時間のほうが 

よっぽど長くて大変で、
時間がもったいなく感じる・・

 

けど、当時の自分は 

それだけ、自分と向き合うのが
怖かったんだと思います。  

やったことないことは
そりゃ、怖いよね。。

 

ということで、

自分を生きる上で
一番やっちゃいけないのが 

自分に嘘をつくことです。

 

生きづらい人って、 

不器用なわけじゃなくて  

自分をごまかすことが
上手(器用)になっちゃってる

んですよ。 

 

だから、これからは

強がらないで
素直に
「そうなんだ」と
ただ認める 

ことが、大切になってきます。
 

これが、意外とシンプルなのに 

生きづらい人には
難しかったりするんだよね(´-`).。oO 

だから、補助がいるわけです。

 

自分と向き合い始めて
等身大の自分を大切できると

自分を大きく見せることも
逆に、小さく見せることも 

無意味というか、
バカバカしく感じてきます。 

 

だってそれ、 

「誰かに向けて」作り上げた
かりそめの自分

でしか、ないから。

 

本来、わたしたちって

威張る必要もなければ
謙遜する必要もなくて

「フラットな状態でいる」
ことこそが、あなたらしさです。

 

だから、頑張る必要なんてないし
というか、逆に 

気張ったらうまくいきません^^;

 

これからのあなたに
必要な作業は、実は

「足し算(+)」していく
ことではなく

抵抗している力を抜いて
「引き算(−)」していくこと  

なんです。

 

背負っている荷物を
一緒におろしていくイメージ 

なんとなく伝わったかな?

 



▼プレゼントはもらいましたか?


友だち追加


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。