冗談なのに 「攻撃」と捉えて、深刻に悩んでしまう・・

 


かつての私は、
「真面目なこと」が、コンプレックスでした。何事も深刻に捉えすぎて柔軟性がなかったなぁ〜って、思います^^;

冗談で投げられた言葉に対して「すみません…」とマジで謝って、その場をシラけさせてしまったり、「いや、そこ笑うとこ!」って場面で、いちいち傷ついたりしていました

あなたも、経験あります?


今は
「冗談=ボケ」で、ボケの「パス」に対して、適切なツッコミでコミカルに跳ね返せるようになりました(^^)そのおかげで、会話するのがすごく楽しくて、誰と話しても、初対面でも漫才みたいになります…笑


深刻に捉えてしまっていた頃は、
相手に悪意がない場合でも、冗談を無意識に「攻撃」だと感じていました。

それだけ、攻撃されることに過敏になっていた」だけだったなって、今は思います。

 

今思えば、相手は、冗談を言うことで「私と距離を縮めたかったんだということも、よくわかる。なのに、「難しい子だな」と、思われて、なんか損しちゃってたな・・って感じるのです。

ボケをツッコミで跳ね返す「余裕」がなく、すべて「吸収して」悪い方に考えて、凹んでしまうカウンセリングをしていても、やっぱり過去の私のように、「深刻に捉えすぎてしまう」方が、HSPさんにはとても多いのですが


共通点としては、

過去のトラウマにより「戦闘モード」の中に生きていて、「世界は危険」と無意識に思い込んでいるからこそ、緊張してしまう

ということと

「自分が悪いんだ」「自分がおかしいんだ」という思い込みを持っていること

この2つが、あげられます。

 

これらは長年「性格だから、変えられない」と思われていた部分ですが、今は、性格だからこそ、変えられるです。そう、今からでも、HSPでもネガティブに捉えてしまうことって、変えられるんですよ!

だってそれは、ただの習慣であり「クセ」でしかなくて、あなた自身ではないから(^^)

 


>>お問合せはこちら