神様なんか信じなくても、あなたは幸せになれる。

 

神様、わたしを救ってください!

 

神様がいると
信じるのは自由です。 

 

でも、神様を
自分の人生の主役にしてしまうことで 

自分の人生が不自由に
なってしまうのであれば本末転倒

自分がそれに仕える家来となり
結局は、
他人軸の生き方となるのです

 

カウンセリング、
セラピーをしていると 

親が宗教に入っていた
というエピソードは、よく聞きます。

 

宗教を真っ向から
否定するわけじゃないです。 

でも、その宗教の多くは
個人の思想、行動の自由を禁止し

ひたすら 

神様に仕えなさい、
神様が決めたルールに従いなさい 

つまり、 

あなたの心を殺しなさい

と言わんばかりの
強要がベースにあります。

これが、あなたの自由を
阻害するのです。

 

だって、ここには

わたしがどうしたいか? 
なんて、ないから。

 

 

しかし、 

こうしていれば大丈夫
という保証や正解が欲しくて  

ただただ救われたくて

 

恐怖をあおられ、すがりつくように 

その「教え」に努める
というのが、よくある流れです。

 

この教えの中には 

ありのままのわたしでいい 
なんて、まずあり得ません。

 

条件がたっくさんあって 

その難関な条件をクリアできて
はじめてOKがもらえる

そんな厳しい世界です。

 

 

わたしは、神様を
あまり信じていないです。

正しくは、いてもいなくても
どっちでもいい〜 

「不可知論者」という
スタンスです。

 

神様というか 

自分が軌道に乗れる
(その人がその人らしく生きられる)
流れ(自分軸)があると思っていて

それに乗れてるか
それてるかだけの話

だと思っています。

 

 

神様に仕えている人の
お話を聞いていると

え、神様って
そんな厳しいっけ?
そんなジャッジすんの? 


それって・・
エンマ大魔王のこと
じゃない?(゜o゜; 

って言いたくなるくらい
冷酷な存在になってる気がしますが

 

わたしが思うに・・ 

もし神様がいると
感じているのなら 

それは単に 

あなたの親が 
あなたの頭の中に
いるだけです。

 

神様がいつも見ている

=あなたの中にいる親が
ずっとあなたを見張っている
 

ってだけ。だから、 

いつまで親に仕える〜?
って話なんです。 

 

神様を信じて生きても良いけど
過信するのは、キケン。  

神様が救ってくれるんじゃなくて
あなたがあなたを救うんですよ。
 

もうそろそろ 

今まで聞いた童話や神話を
ちょっとここらで疑ってみませんか?

 

墓参りしなくても
神社に行かなくても 

神様なんか信じなくても
罰なんか、あたりゃしない。 

 

神様がいようがいまいが
幸せな人生は、送れますよ^ ^ 

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます