カウンセリング、心理セラピーが必要な人とは?

 

カウンセリングを
どんなときに利用するべきなのか? 

自分は、利用するべきか?
わからないという方もいると思います。 

 

わたしとしては、カウンセリングは 

現状を変えたいと思っている人
全員が利用するもの

だと、考えています。

 

が、  

自分を抑えすぎてしまう癖(クセ)
を持つ方は、 

ストレスに無自覚で 

心と身体が極限になるまで
誰にも相談せず我慢し

状態を悪化させてしまいがちです。 

 

今回は、 

カウンセリングを早く利用すべき
緊急性の高い人 

の目安として
項目にしてみましたので 

チェックしてみてください⇓  

 

カウンセリングを早く利用すべき、緊急性の高い人  


①睡眠に障害が出ている

 ・なかなか寝付けない
 ・眠りが浅い、途中で目覚める
 ・悪夢をよく見る
 ・寝ても疲れが取れない
 ・起きてもスッキリ感がない    

 

グルグル思考に陥っている

 ・何日も同じことを考えている
 ・悪い未来を想像し、心配する
 ・過ぎたことを何日も引きずる
 ・自分が悪いのではと、責めがち   

 

③引きこもりがち、無気力

 ・やる気が出ない
 ・人に会いたくない
 ・ふと、涙が出てくる
 ・人前に出るのがこわい 
 ・言葉がうまく出てこない   

 

1つでも当てはまったら、黄色信号
複数当てはまったら、赤信号 です。

 

これ以外にも、心からのSOSは
たくさん出ています。 

 

これらは、あくまで目安なので  

心身のバランスを崩していると
自覚したときには 

いつでもご相談くださいね。