コンプレックス、劣等感を乗り越える秘訣とは?

 

 

「自分嫌い」の人が必ず持っているコンプレックス、劣等感

 

セッションをしていると、自分を嫌いな要因として

コンプレックスや劣等感についてのお話がよく出てきます。

 

わたしも「自分なんて」の時代は、コンプレックスの塊でしたね〜。

当時は「ないもの探し」の天才でしたから。今は「在るもの探し」が好きになりましたけどね^ ^

 

今日はコンプレックス、劣等感を乗り越える上で必要なことについてお話します。

 

コンプレックス、劣等感に必ずこびりついている「心の傷」と「恥の恐怖」


突然ですが、以前わたしが持っていた「3大コンプレックス」をご紹介します。

 

・裕福では「ない」自分

一家の大黒柱である父が、病気&アルコール依存でまともに働けない家庭で育つ。

小学生の頃、市営団地に住んでいたことを「貧乏」と茶化され傷つく。

 

・巨乳では「ない」自分

思春期に、胸の大きさで優劣をつけられる雰囲気を悟る。

付き合う彼氏に必ず「手のひらサイズだね」と言われて傷つく。

 

・キャピキャピ声では「ない」自分

根暗な自分と、クラスの人気者のテンションの違いに驚く。

声が小さい、通らないことで発言しても「誰にも聞いてもらえない」と傷つく。

 

 

全部、これらに共通して言えることは

「裕福であること」「巨乳であること」「活気があること」といった

勝手に作り上げた「正解」の型に、自分が無理やり「ハマろう」としていたこと。

そして、そこには必ず、誰かと比べて「傷ついた経験がある」ことです。

 

「正解」から逸れる自分は「恥ずかしい」存在なんだ!

 

そんな思いを握りしめ、もうこれ以上これらを感じないように、傷つかないように

そんな自分は隠して生きよう。そうどこかで、あなたも決心したわけです。

 

これが「すっぴんの自分」に、厚化粧をして嘘をつくということ。

本当の自分を許せていないから、不自由で生きづらい人生・・となっていくんです。

 

コンプレックス、劣等感の克服方法

 

コンプレックスを武器にした人で、真っ先に挙げられるのが、お笑い芸人の渡辺直美さん。

彼女は「太ってる人好き」を相手にしたから、太ってる自分を「いい!」って言ってくれるを大切にしたから

「太ったままで」人気を獲得しました。

 

彼女のように、今のあなたのままでも「需要」がちゃんと存在することを知ってほしいです。

例えば、過去のわたしのコンプレックスは、実際こんな形で「受け入れられて」きました。

 

・裕福では「ない」自分は‥「裕福な人」に可愛がられる

 ‥「みじめな自分」をさらしたら、初対面の裕福な人に3万円のコースを奢ってもらった!

 ※ブログに書くと長くなるので、エピソードの詳細は「裏話」として音声にしています↓

 

・巨乳では「ない」自分は‥貧乳好きに愛される

 ‥「胸のない自分」をさらしたら、貧乳好きのプロスタイリストさんにべた褒めされた!!

 

・キャピキャピ声では「ない」自分は‥癒やされたい人がファンになる

 ‥「飾らない自分」をさらしたら、安心するセラピストさんだと喜んでもらえた!!!

 

 

つまり、コンプレックス、劣等感を抱え続けて生きるとは

ちゃんとそこに「受け皿」があるのに、自分がそれを拒否している状態なんです。

その拒絶の力こそが、自己否定。

だから、コンプレックス、劣等感を克服するには、自己否定を手放す練習が必要です。

 

ただそこに個性が「在る」だけなのに、自分が「良し悪し」のジャッジをしてしまっている・・

そんな自分を早く解放してあげたいですよね。

 

わたしが、セッションで「コンプレックス克服」までにお手伝いしているステップは、次の3つです。

①それらが誰かの役に立つ、「武器になる」と知る

②心の傷と向き合い、自分を癒やす

③恥の恐怖を乗り越えて、開き直る

 

①については「周りの誰かに意見をもらう」ことで、今からでも得られる概念ですね。

が、②③の心の傷を癒やすことと、恥の恐怖に向き合うことは、ひとりではなかなかできないし

「傷つくことに過敏な人」からしたら、非常に慎重にいきたいところ。


だから、無駄に遠回りすることがないように

カウンセリング、セラピーで専門家に頼ることをお勧めしていますよ🍀


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます