相手に恨み、殺意が湧く(極限状態)まで、そもそも我慢しないこと。

>>プロフィールはこちら

 

 

 

わたしのことです。

先日、「近所トラブル」があって、久々に「我慢のクセ」が発動しそうになりました。

ご近所さんって、微妙ですよね。別にすごく仲良くなりたいわけじゃないけど、なるべくトラブルなく、平和に過ごしたい・・

 

「別に悪い人じゃないから・・」

そんなことを考えて、わたしも今までであれば、近しい人ほど黙って耐えて、ノイローゼになっていたかもしれません。

 

関わりたくないから、無意識に

「自分が敏感すぎるからいけないんだ」「自分がおかしいんだ」ということにして。

 

でも今は、いろんなところに相談したり、警察にお世話になったりなんかする選択肢も持てたりして、

自分をどうしたら守れるか?いっぱい試行錯誤して、使えるものは何でも総動員できるようになったと思います。

 

今回、自分の件でよく実感したんですけど・・「警察になんて、お世話になっちゃいけない」って無意識に思ってる人、多そうですね。

 

わたしも、今までは仕事の中でとか、人のためなら呼べるんだけど、個人的なことで、呼んでいいのか?と・・一瞬、躊躇はしました。

が、結局「お世話になって本当に良かった!!」「わたしの判断は間違ってなかった」と心から思えました。

 

 

でも、ひとりで耐えている時間が長ければ長いほど、すごく心に負担だし、どうにもならないと、孤独感、無力感を強めてしまうもの。


耐える以外の選択肢を、あなたが自分に許してあげていれば

その時間はグンと!減っていきます。

 

これは、近所トラブルだけでなく、夫婦間や親子間や友達関係、職場であっても同じ。

 

わたしもブラック企業に勤めてパワハラを受けていたときは「こんな会社燃やしてやろうか」「許さない!」というくらい、恨みや殺意を抱えましたが

そもそも、そんな極限状態になるまで我慢しないこと。

今は本当に、これにつきます。

 

よく定期的に「あんないい子が、あんな騒動を起こすとは考えられない」といった事件が起きますが、

「いい子」として生きているからこそ、

いつ「溜めてきた我慢の爆発」が起こるかわからなくて、キケンなんです。

 

我慢以外の方法を知らないと、どこに行ってもずっと人間関係が苦しいままですし、

知れば「なんでこんなことに時間を使ってたんだ?」と思えるほど、グッとラクになれます。

 

むやみやたらに喧嘩を売るのは、違います。が、自分の心の平和守るために、使えるものは何でも使っていきましょう。

あなたをひとりにさせないサービスが、ちゃんとありますから。

 

なんだか日記みたいな内容になりましたが・・ひとりで悩むことの無意味さを、改めて感じた今日この頃でした(´-`).。oO

 

\毎日発信中/


▼よく読まれている記事

★カウンセリングとは?利用すべき人

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。