「強い人間」と「弱い人間」がいるのではなく、みんなもれなく弱くて強い。

 


強くなることが、正解・・?

 

家庭でも学校でも社会でも、

いろんなところですぐ「強くなれ」って、周りの大人は口をそろえて言う。

強くなるために頑張れって、言われちゃう。

 

だから、強いのが「正解」みたいに感じてしまいますよね。

だから、弱音が吐けない。吐かせてもらえない。

 

自分は弱い人間で、強い人達みたいにならなきゃ、生きる道はないって勘違いしちゃう。

 

・・でも、なれない。どうもがいても、なれない。

 

その前に体壊しちゃって、結局

「自分は弱いんだ」をもう何年も、いや何十年も証明し続けてる・・

 

そんな状況に、苦しむ人に向けて書いています。

みんな、もれなく弱くて強い

 

あなたも、世の中には「弱い人間と、強い人間がいる」と考えているかもしれません。

 

そして「自分は弱い方の人間」。負け組のように感じているかもしれません。

もしくは、負けないように、必死に勝ち組に入らなくてはと、もがいているかもしれません。

 

が、違います。

みんな、もれなく弱くて強い。

んです。

 

いや、そんははずは!って疑いながらも、この言葉をちょっと飲み込んでみてください。

 

強そうに見えるその人は、たまたまその人の「強い部分」が表面化して見えるだけ。

弱い人に見えるその人は、たまたまその人の「弱い部分」が表面化して見えるだけ。

 

そこにある違いは「人間は、みな弱くて強い」という事実を

「受け入れているか?いないか?」だけなんです。

その違いで、生きづらいかどうか?が決まってくるんです。

 

「強くならなきゃ」は、自己否定

 

あなたは「強くなろう」としていませんか?

「強くならなきゃ」と、頑張っていませんか?

 

あなたが生きづらいのは、

まさにそうやって「弱い自分」を否定しているからなんです。

 

本当は、弱い自分も強い自分も、どっちもある。それが当然。

なのに「弱い自分なんかいなくなれ!!」ってやっちゃってません?

 

弱い自分を自分が受け入れられないと、当然、人に弱みなんか見せられません。

「弱いこと=悪いこと」みたいに考えちゃってるから。これを「強がり」といいます。

 

そうやって強がれば強がるほど、ひとりで全部抱え込むことになる。

だから、周りの人に助けてもらない。本当は、助けてほしいのに・・。

 

そうやって自分で柵をつくって、どんどん孤独になってしまうのです。

 

「強い=自己肯定感が高い」は、間違い

 

よく勘違いされてしまうことですが、

自己肯定感が高い人というのは「強い人」のことじゃありません。

弱さを受け入れて、生きている人のことです。

 

だから、あなたがこれからやるべきこと・・それは、強い自分になることではありません。

弱い自分を受け入れていくことなのです。今までと逆方向に、進むことです。

 

もちろん、当然、恐怖や抵抗が出てきます。

でも、それを乗り越えると、自分への見方も人への見方も変わって、

見える世界が180度変わってしまいます。

 

見方が変わると、味方が増える。

今あなたは、たまたま視野が悪い場所にいるだけです。

 

でも、今の視野のまま死んでいくのか?違う世界を見に行くのか?

そこから移動するかどうかは、あなたの自由です。

 

あなたはどっちを選びますか?


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます