こんなの幸せじゃない!って、弾き飛ばしてませんか?

 


幸せの意味を勘違いしていた、あの頃のわたし。

 

わたしは、生きづらさを
改善してからというものの 

毎日のように 

ああ、幸せだな〜♪

って、呟いてます。

 

決してこれ、
唱えたら幸せになれる!と
意気込んで 

無理やりエセポジティブで
言ってるわけじゃなくて

(生きづらい頃はやってたけど笑) 

美味しくて「ああ、幸せだな〜」
自然に触れて「ああ、幸せだな〜」
ホッとできて「ああ、幸せだな〜」
よく眠れて「ああ、幸せだな〜」
何もないことが「ああ、幸せだな〜」

 

って、 
口から自然と無意識に 

こぼれ落ちるように 
なってしまったんです。

 

 

でも、以前のわたしは 
全然そんなんじゃなかった。。

常に満たされていない
思いでいっぱい。

 

みんなに羨ましがられる
ことが幸せで 

すごいって認められる
ことが幸せで・・  


それ以外は、幸せじゃない

幸せとは呼べない!

って、思ってました。 

 

当時のわたしは、 

今のわたしが感じているこの
ジンワ〜リ体に染み渡るような 

「日向ぼっこ」のような幸せを 

 

「そんなの幸せじゃない!」 

と、はじき飛ばしていた
気がします・・(ノ`Д´)ノ彡

 

もっと人に自慢できるような
幸せじゃないと 

ダメなんだ!!!と笑

 

 

確かに、大きな夢や幸せを
追いかけることは、 

素晴らしいことだと思うのです。  
人生一度きりですしね。

 

でも、そのせいで 

今この目の前にある 
「日向ぼっこ」のような幸せに
浸れないのだとしたら

それは、なかなか
苦しいことです。 

 

だって、それって

今に「いない」

ってことだから。 

 

 

当時のわたしを含め、 
生きづらさを抱えている人は

過去や未来に、 
意識が(無意識に) 
飛んでます。

 

もっと言うと、
未来というのは、そもそも 

過去にああいうことがあったから
またこういう風になるんじゃないか? 

という、 

過去のデータから
妄想しているもの

でしかないので

 

どちらも結局 

過去からの意識に
囚われてしまっている

んですね。

 

この「日向ぼっこ」のような 

目の前の小さな幸せを
感じられない人が、 

例え大きな幸せを
手に入れたとしても

スポットライト(人気、注目、称賛)
を浴びてるその一瞬は、たしかに 

「わたし、すごく幸せ〜!!」
って、思えるのかもしれないけど

 

そのすぐ次の瞬間には 

この幸せは、いつまで続くの?
いとも簡単に崩れてしまわない??
誰かに奪われるんじゃない・・?w( ゚д゚)w

と、また
未来の心配をし始めて
意識が飛び


結局、
今に「いない」状態って

変わらないんです。

 

じゃあ、
今にいる状態で
幸せを感じるには

どうすればいいの?
ということになりますが 

(ここでよく、スピリチュアルでは
マインドフルネスが勧められますね)

 

わたしの答えは 

まずは、 
過去から引きずってる
荷物をおろそう 

です。

 

 

そもそも、
過去に意識が向くというのは


過去の出来事に
まだ
感情的にケリがついてなくて 

背中にたくさんの荷物を
背負っている状態です。 

 

だから、 

足腰がプルプルして
今に集中できるわけないし 

前に進もうと思っても
前に進めない 

ということが、起きてくる。

 

 

抱えている荷物をおろして
身軽になれば

身軽になったこと自体がそもそも
とても幸せに感じます(*^^*) 

 

スポットライトに浴びるとか、
もう、どうでもいいや〜♪

って、なるかもしれません。 

はたまた、
身軽になったから 

もっともっと
遠くの景色を見に行きたい! 

ってなるかもしれません。

 

要は、 

小さい幸せも
大きい幸せも

サイズに関係なく
拾えるようになれたら 

ベストだよね( ̄ー ̄)b

ってことです。 

 

前に進めない
自分を責める前に

今抱えている荷物を
おろすことが先。

順番、間違えてませんか??

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼ひとりで悩まず気軽に相談