慎重になること、立ち止まることは、悪いことじゃない。

>>プロフィールはこちら(話している雰囲気を動画で確認できます。)

 

 

 

先日、カウンセリングの中で

「若い頃に比べて、慎重になって立ち止まることが多くなった」という話が出ました。

 

若い頃は、何も考えずにいろんなものに飛び込めたのに…

今は、いろんなことがフラッシュバックして、体がすくんでなかなか飛び込めない。

 

飛び込みたい気持ちと、飛び込めない気持ちが引っ張りあいっこして、焦りになって、苦しくなっていたのです。

 

 

わたしも、若い頃はよくひとり旅をしていたけど、コロナの影響もあって今は、めっきりしなくなっていたことに気づきました。

当時の自分を振り返ると、ちょっとさみしい気持ちになったり。

確かに「若さゆえの怖いもの知らず」だったな〜、あれはあれで楽しかったな〜!って思います。

 

 

カウンセリングの中では、

立ち止まって考えられる、慎重になれるって、実は素晴らしいこと。

こんな話をしました。 

 

繊細な気質を持っている人は特に、リスク回避能力が高いので

何か失敗を経験すると「どうしたら、それを避けられるか?」頭をフル回転して、いろいろ先回りして考えることが「できて」しまいます。

周りの人からしたら「なんでそこまで考えるの?」って言われるほど、ね(-_-)笑

 

 

でもそうやって

「あの時と同じような思いをさせたくない」と慎重になることは、自分への愛で。

自分のことを大切にしているって証拠なんです。

 

だから、こうして立ち止まってわざわざカウンセリングを受けてるって、本当に本当にすごいこと。

自分の人生にそれだけ、真剣に向き合ってるってことだから。

 

 

「年齢を重ねること=退化してる」みたいなマイナスイメージがあると

どうしても、いろんなことが「悪くなっていってる」ように見えるかもしれません。

周りの大人の影響もでかいしね。

 

でも、いっぱい動けたあの頃は、いろいろ試して「取り入れる時期」で


今は「取り入れたものを精査して、要らないものを手放して身軽になる時期」

なんだとしたら?

 

あの頃と今では、「やること」「ステージ」が違っていて

実は、退化してるどころか、進化してるかもしれないんですよ。

 

 

今は、方向性をしっかり見定めてるときなんだ。

エネルギーだけで、間違った方向に突き進んでしまうのが、今は怖いんだ。

 

そうやって、感情的に自分を深く理解してもらうことで、責める必要がないことってことに気づいてもらっています。

 

 

心が重いのは「軽くして」っていうサインです。

あなたは、そのサインが出た時、自分のために立ち止まれますか?

実は、立ち止まることの方が怖いし、手放すことの方が怖くて

世の中的には、無視する、ごまかす、逃げ回る人のほうが、圧倒的に多いんですよ(´-`).。oO

 

 




▼よく読まれている記事

★カウンセリングとは?利用すべき人

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。