彼氏ができても、旦那さんがいても、底なしに寂しいのはなぜ‥?

>>プロフィールはこちら


心の空虚感には、愛着が関係している

集団の中でも、ひとりぼっちを感じて寂しい。パートナーや家族がいても、寂しい。

彼氏ができると「もっと愛してよ!」と過剰に求めて、クレクレ星人になってしまう。

 

なぜ、相手がいて幸せなはずなのに、寂しい気持ちが増大してしまうのだろう。

なぜ、パートナーをいくら変えても、寂しさ・空虚感が変わらないのだろう。

あなたもそんなお悩みに苦しんではいないでしょうか?

もしそうであれば、愛着障害を抱えているかもしれません。

 

愛着とは、養育者(お母さん)との間に生まれた「愛情の絆」のことを指します。

愛着障害とは、主に1歳半までの間に、養育者との間に愛着がうまく形成されなかったことが原因で

情緒や対人関係に問題が生じ続けてしまう状態です。

海外で愛着障害として有名なのは、マリリン・モンローや、ダイアナ妃。

 

要は、子どものときに、欲しい愛情がもらえなかったことが心の傷として残っていて、

今もそれが癒えていないことが原因で「底なしの寂しさ」を抱えている場合が非常に多いのです。

 

愛情のコップの底が、抜けていませんか?

愛着障害を抱えた人は、お母さんから「安心感を充分にもらえていない」と感じています。

それが、不足感や空虚感、心に穴が空いている感覚なんですね。

 

わたしはこれをよく「コップ」に例えます。コップの底に穴が抜けていたら、

どれだけ水(愛情)を注いでも、コップいっぱい溜まることはありませんよね。

目で見れば、誰がどうみても「水を注ぐこと」より「穴を塞ぐこと」が最重要だとわかります

 

が、愛情のコップに関しては、穴を塞ぐことを放棄したまま、

とにかく何が何でも、外から水を入れ続けようとする人が非常に多いんです。

これが「恋愛依存」という形で現れます。


穴が空いたまま人に求め続けて、それでもまだ「足りない足りない」と嘆き、

いつまで経っても潤わない、砂漠のようになってしまうのです。

 

そして、この底なしの寂しさって、何も恋愛だけの話じゃないんです。

お酒や薬物、タバコや食べ物、買い物、SNSなど、何かに依存するのも同じこと。

どれも、根っこには同じような「愛情、絆の問題」を抱えています。

まずは、自分のコップの状態を自覚することが大切です。

 

輸入に頼りすぎていませんか?愛情自給率を高めよう

愛情クレクレ星人は、例えるなら「100%輸入に頼る依存度の高い国」です。

愛をクレクレ人に言うのは、自分で生産できなくて「愛情自給率」が限りなく0%に近いからなんです。

 

日本も今や食料自給率は40%を切っていますが、こうやって輸入にばかり頼っていると、

いざ輸入できない!といった状況に陥ったときに、食料が賄えなくなってしまいますよね。

要は愛情もこれと同じで、輸入と輸出のバランスが、どちらも大事なんです。

 

愛情の輸入依存度が高くなると、それがいつ止まってしまうのか?ずっと不安です。

だから、相手に逃げられないように必死にしがみつく・・!!なんてことが起きます。

でも当然ですが、しがみつかれた相手は、搾取されている気分になり、逃げ出したくなります。

 

あなたも、恋愛すると、いつも「重い女」になってしまう、いつも相手に逃げられてしまう、

煙たがられてしまう・・など、同じパターンを繰り返していませんか?

 

外側に求めていたものをはじめて内側にみるとき、コップの水は溜まり始める

「底なしの寂しさ」のもととなっている愛着障害を克服するには、

まず、第一に愛情のコップの底を塞ぐこと。底を塞ぐとは、その穴とちゃんと向き合うことを意味します。

セラピーでは、わたしと一緒に愛着を癒すイメージワークを行います。

 

そして、愛情自給率を高めていく「自分に水をあげる」習慣をつけていくこと。

こちらも、わたしと一緒に動画やセッションの中で日常的に、自分に意識が向くように練習していきます。

 

愛情もお金も能力も、自分の中にとどめて独り占めするのではなく、循環させることが大切。

与えて受け取って、循環させればさせるほど、頑張らなくてもしがみつかなくても、

自然と「愛し、愛される」ようになっていきますよ🍀



▼プレゼントはもらいましたか?


友だち追加


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。