「助けてほしい」「手伝ってほしい」が、なかなか言えません。

>>プロフィールはこちら

「ひとりでなんとかしよう」と強がる人ほど、生きづらさはどんどんこじれていく。

 

こんな質問をいただきました\(^o^)/ 

 

*** 

 

自分でやらなきゃと無理してしまい、 

助けてほしい!や手伝ってほしい!を
伝えることがなかなかできません。

言いたいのに言葉にできないのですが、
どのように改善していくといいですか?

 

*** 

 

わたしも、なかなか
言えなかったんですよ〜。 

みなさんは、どうですか?

HSPさんだったら、 

割とみんなこれ、共通の悩みとして
あるんじゃないかなと思うんです。

 

 

わたしのカウンセリングでは、
こんなふうに質問しています。

 

仮に助けてほしいと言ったとしたら、 

どんな最悪なことが起こると
想像してますか?

 

助けてと
伝えることができないのは、  

まず第一に 

そんな自分を曝け出すことが 

怖いから

ですよね。

 

弱いやつだと
思われるかもしれないし、

助けてもらえなかったら、
傷つくかもしれない。 

 

相手に迷惑をかけることに
なるかもしれないし、

下手すると、甘えるな!なんて
叱責されるかもしれない…

 

この中のどれにあたるか?は、
人によりけり違いますけど 

そういう恐怖を引き起こしている
根っこを一緒に深掘りしていくと 

 

本当は助けてもらいたかったのに
助けてもらえなかった過去

が、ひょこっと出てきたりします。

 

あのときの傷に触れたくなくて 

あの時のような
「最悪なこと」を避けたくて   

あなたは「言わない」と
ココロに決めたのです。 

 

そんなあなたにとっては

人に助けを求めるより、 

ひとりで強がっているほうが 
よっぽどマシで、ラクだ 

と、感じるんじゃないかなと思います。

 

わたしたちって、そうやって

無意識にリスクを
避けることを最優先して

今の状況を「選んで」いるんですね。

 

まずは、 

わたしにとっては
これが一番、安全で 

最善の策だと思っているんだ 

という視点をもつことから、
始めるといいですよね^ ^

 

 

わたしも

バカにされたり、迷惑かけたり、
非難されたり、無視されたり‥ 

そういう怖い妄想がぐるぐるして

受け止めてもらえる「感じ」が
ずっとしなかったから 

言えなかったわけです。

 

「絶対フラれる」と思っていたら
告白できないのと、一緒ですね。 

 

でも、 

ずっと言わないままでは
苦しくなるばかり。


強がることで

どんどん孤立感が増す 

(どうせ、誰にも助けてもらえないと思い込む) 

からです。 

 

相談者さんは、このままだと
いつまでたっても


人と深く繋がれない、

幸せを感じられない 

ということが、だんだん
わかってきていて

 

限界値に達してきたから、 

こうして勇気を出して
相談してくれてると思うんですよね。 

 

 

でも、そもそも 

この相談自体が  

「助けて」って
言ってるのと同じこと 

だから

今回「助けて」って言えた自分に
ガッツポーズして 

ぜひ褒めてあげてほしいのですけど^ ^

 

 

わたしは、長年ひとりで 

なんでもできることが素晴らしい
と思い込んできた節があります。

一匹狼みたいな顔をして
強がって生きてきましたが、 

内心はものすごく、苦しかったです。

 

つらいのに
つらくないフリをして、 

助けてほしいのに
助けてと言わない 

ということを、何度も何度も繰り返して
人間関係をこじらせまくってきました。

 

 

ここから抜けるためには・・ 

あなたが定めてきた「ゴール設定」を

ひとりで何でもやれること、
「できるフリ」を続けること 

から  

 

自分の心に素直
(ココロすっぴん)であること、
「フリ」をやめること

へ、変えることです。

 

傷ついてるのに
「傷ついてなんかない!」と 

突っぱねるのではなく(←強がり)

 

ああ、わたしはいっぱい
傷ついてきたのかもなぁ〜

と、傷ついた心に「素直に」
寄り添ってみてあげてください。

 

そういう「素直になる練習」を 

わたしのカウンセリング、
セラピーではしていくわけですが  

 

心の傷が「癒えて」くれば、
自然と「言える」ようになります。 

 

言えるようになることは、
確かに大事!なんだけど 

まずは、 

なんでそうなってるのか? 

あなた自身があなたを
深く理解してあげなければ 

前には、進めません。 

 

こうして、 

あなたが前に進むための
荷物整理を 

ひとりひとり寄り添ってするのが
カウンセリングです。 

 

ちょっとでも、勇気を持ってもらえたら
興味を持ってもらえたら、嬉しいです。



▼プレゼントはもらいましたか?


友だち追加


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。