「助けてあげなきゃ」と思ったら、疑って!人助けのつもりが、実は・・

 

 

人の庭に、勝手に足を踏みこんでいませんか?

 

知らない土地で、道に迷っている人を見たら、「教えてあげよう」ってなりますよね。

重い荷物を持って、階段を上がれないおばあさんがいたら「運んであげよう」って思う。

困った人を助けたいというのは、ごくごくふつうのことです。

 

が・・今回お話する「助けなきゃ」は、わたしがこの人を助けなきゃ!」という、

過剰な使命感による、過剰なお世話のことです。

 

HSP、アダルトチルドレンのみなさんは

こういった「境界線(自分と人との隔たり)」が、曖昧になりがちなので要注意!

 

よかれと思ったことが、実は、余計なただのお節介だった・・なんてことが、

大切と思う仲だからこそ、起こりがちです。

 

わたしもかつて、たくさんの余計なおせっかいを繰り出して「いい人」のメンツを保っていたので・・^^;

クライアントさんと接するとき以外にも、今も細心の注意を払っています。

 

「よかれと思って」って、本当にその人のため?

 

過剰なお節介って、一体どんなこと?イメージが湧くように、

わたしの経験や、周りで起きたことを例に出しますね。

例えばですが・・

 

友達が彼氏との関係で悩んでいたとします。

自由奔放で彼女との時間を作らない彼氏に、あなたが彼女の代わりに憤って

「そんな彼氏別れちゃいなよ!!」って、強引に行動を促す・・とか。

 

はたまた、気分が落ち込んでいるうつ病の知人に、相談されてもいないのに、

早く良くなる治療方法を一方的に勧めたり・・とか。

 

わたしも、昔からよく人に相談されるタチだったので

まるで「正義のヒーロー」にでもなったような気分で・・笑

 

親しい仲ほど「解決してあげなきゃ」と、ズカズカ土足でアドバイスをしたこともありました。

(あの時は、本当にごめん・・)

 

こういった「よかれと思って・・」という行動には、

一見優しさがつまっているように見えますが、蓋を開けてみれば

その人の個人的な「正義感」でぎっしりです。

 

この例からすると

「うまくいかない関係から、離れること」

「早く病気を治して、社会復帰すること」が

 

お節介をする人にとっては「常識」「正解」だと思い込んでいるわけですが・・

実際のところ、その選択がその人にとって良いどうか?なんて、誰にもわかりません。

 

もしかしたら、その彼女は、今の彼氏から学ぶべきことがたくさんあるかもしれないし

うつ病や気分の落ち込み、病気だって「早く回復することがすべて」とも限らないのです。

 

つまり、その状況を「問題だ!!」と勝手に決めつけ、

騒いでいるのは、あなただということ。

 

相手のことを、本当に大切に思うのであれば、

放って置いてあげることも、優しさのひとつであることを知る必要があります。

これは、決して相手を見捨てているわけではなく「相手の力を信じて見守ってあげる」行為なのです。

 

助けなきゃ・・は、「助けられなかった」過去への罪悪感

 

が、これができない・・!ということであれば、本当に見つめるべきは

あなたの内側で「何が起こっているか?」です。

 

「助けなきゃ・・」という思いに駆られてしまうその背景には、

過去に誰かを助けられなかった「無力な自分への罪悪感」が隠れています

 

目の前の相手を助けるため、というよりかは、自分がその罪悪感を感じたくないから

「助けられなかったリベンジ」を、無意識に奮起しているわけなのだけど

 

自分の内側が変わっていなければ、今までと「やり方」が一緒なので

人を変え環境を変え・・同じ「助けられなかった」という結果を繰り返すだけです。

 

これでは、自分も相手も、自己肯定感が下がるばかり。自信を失うばかりです。

 

罪悪感を手放そう。助けなきゃいけない人なんて、いない

 

「助けたい」人と、「助けられたい」人。

要は、これで協定を結んでしまうと、お互いにいつまでも精神的に自立できません。

 

「結局、自分には力がない・・」を証明をし合う仲だからです。

共依存とは?の記事も、あわせてどうぞ)

 

ここから抜け出せすには、ずっと引きずっている「罪悪感」と向き合うこと。

助けなきゃってことは、イコール、その人のことを「可哀想な人」認定してるってことでもあります。

これは、相手を見下してる行為なので、実はめちゃくちゃ失礼なんです・・

 

「可愛そうな人なんて、世の中にいない」って気づくと

「可哀想な人」も、「助けなきゃいけない人」も、あなたの目の前からいなくなります

というより、あなたが目の前に「置かなく」なります。

 

自己犠牲の精神を日々燃やす人は、特に要注意!ですよ。

罪悪感と向き合うのは、ひとりではなかなか難しいです。サポートが必要だと思います。

 

一度、体験セッションへお越しくださいね🍀

 

 


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。

★人間関係がいつもこじれてしまう人が、必ずやっているコント。

▼続々とお申込み頂いてます