許せない人がいてもいい。大切なのは、人を許すことではなく‥?

>>プロフィールはこちら

 

人を許せなくてもいい。本当の苦しみは、そんな自分を許せていないこと


親が許せない、友達が許せない、上司が許せない、元カレが許せない・・

もうずっと過去のことなのに!いつまでも「許せない人」がいる。

そんな自分は、おかしいのかな?・・と、悩む人多いんじゃないかなって思います。

 

今でも、この「許す」ことをゴールとする心理学は、非常に多いように思います。

かつて、わたしも「許し」の境地に入ってこそ、楽になるのだと信じていました。

許さなくては、何も始まらないとさえ思っていました。

しかし、セッションの現場に出てはじめて、それは非常に危険なことだと気づいたんです。

 

許せない人は、いていいんです。人間だもん。

それは、とっても自然なあなたの感情。

自分のことをもっと大切にしてほしかった!!という、人間としてとっても健全な感情なんです。

 

許せない人がいていい。 苦しみの本質は、「人を許せない」ことではなく

そんな「自分が許せていない」こと

そんな自分に腹が立っていること。そんな自分に怒りを向けてしまっていることです。

 

許した「つもり」が、一番危険なワケとは?

わたしもかつて、セラピーを受けるまでは、過去に自分を傷つけてきた人たちを、

「もう終わったことだから。時効だから。」と、許したつもりでいました。

 

そう言って「もう、自分は大丈夫」を押し通してきました。

 

そうすることで、一時的に「高貴な人間」として振る舞うことができた気がしたし・・

見たくない感情に蓋をすることができたし・・

今考えると「許しの美学」にはいろんなメリットがあったと思います。

 

でも、過去のわたしのように、すました顔をして

「許さない」という気持ちを抑圧している人こそ、本当はあぶないのです。

ふつふつと、今にも爆発しそうなマグマの怒りを、封じ込めているんです。

実際、わたしはその後、関係ない人たちに怒りを爆発させる人間になってしまいました。

 

許せない気持ちを「なくそう」としない。本当に大切なのは、人を許すより、自分を許すこと。


もちろん「意地でも人を許すな!」という意味では、全くありません。

許せるならそれでいいし、許せなくてもそれでいいんです。

セラピーでも、執着が手放せるように促していきますが、その過程に「相手を許すこと」は必須ではありません。

 

それよりもまずは、自分の中から湧き出る気持ちを、否定せずに受け入れていきます。

セッションをしていると「いつまでも許せない自分は、なんてダメな人間なんだ・・!!

と、自責の念に苦しんでいる人が多々います。

 

そこにエネルギーを注ぐのではなく、今までの自分への誤解を解いて、

今までの自分を許して、抱きしめてあげる。そっちにエネルギーを注ぐべきです。

一緒に「自分を責める癖」を手放していきましょう🍀



▼プレゼントはもらいましたか?


友だち追加


▼よく読まれている人気記事

★悪いことが起きない人生=幸せだと、勘違いしていない?

★「なんとかなるさ」と、楽観的に考えることができません。

★いくつになっても、いつからでも、人は変われる。